四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

雪の金閣寺

21P1090159.jpg


  1. 衣笠
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
大徳寺より西へ移動して定番の「金閣寺」へ。
本来は最初に訪れるつもりだったのですが、あまりに雪の降りが強かったもので、半ば雨宿りならぬ、雪宿りのつもりで大徳寺に立ち寄ったのが…、結果としてはどうも裏目に出てしまったようです (-_-;)







22P1090160.jpg

黒門を潜ってすぐのこの辺りではまずまずの雪景色ぶりだったのですけどね。







23P1090164.jpg

金閣の屋根はまだどうにか雪を留めていたものの、背後の木々にはほとんど痕跡も認められず、日陰の手前側に残る雪と共に写してどうにか格好がつくという具合で、残念ながら 三年前の絶景再び とは行きませんでした。







24P1090166.jpg





25P1090167.jpg





26P1090173.jpg

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

それでもまあ、バックに青空も垣間見えつつ、日の光に照り映える姿もこれはこれで十分美しいですが…。







28P1090175.jpg





29P1090176.jpg





30P1090179-2.jpg






30P1090180-2.jpg





31P1090181.jpg

一めぐりしている間にも見る見る消えて行く雪。
何だかんだ言っても、どうにかギリギリのラインで間に合ったのですから、これで良しとしないといけませんね (^_^;)






32P1090185-2.jpg






33P1090192.jpg

夕佳亭の屋根も雪化粧。
雪の白さが際立ちますね。






34P1090194.jpg





35P1090197.jpg

しかし、拝観を終えてまた元の入り口に戻ってみると、こちらはまだ木の枝に雪の華も見られるほど。直射日光を受ける受けないの差でこれほど違うのですから、お日様の力はやはり偉大です。


ということで、ちょっぴりガッカリ感を抱きつつ金閣寺を後にして、こうなったらもう、やはりあそこに行くしかないでしょうね (σ・∀・)σ



【撮影日:平成23年1月10日】



《メモ》
   北山鹿苑寺(金閣寺) 【地図
     京都市北区金閣寺町1
     電話 075-461-0013
     拝観時間 9:00~17:00
     拝観料 大人400円、小・中学生300円



スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用


<<雪の大原へ | BLOG TOP | 大徳寺龍源院>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback