四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

雪の寂光院

01寂光院-門前


  1. 大原
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
昨年の 10月11月 とここのところ立て続けに訪ねていますが、雪の季節としては 三年ぶりとなる 寂光院へ。

三年前の時は先に三千院などを回って来た後の夕方近い時間帯でしたので、もうかなり融けていて残雪といった方がそぐわしい風情でしたが、今回はまだなお降り止まぬ中での訪問となりましたので、一面の美しい雪景色にお目にかかることができました。







02寂光院-参道

足元だけでなく頭上にも雪の華のアーチがかかる参道。








03寂光院-孤雲

参道脇にある茶室「弧雲」への門の屋根に降り積もった雪のぶ厚いこと!







04寂光院-孤雲2

「弧雲」前の庭園もすっぽり雪に覆われ、池の存在もすっかり消されてしまっています。







05寂光院-山門

雪をまとった枝木がフレームのように迫り来る山門。







06寂光院-松飾

山門脇にはお正月の門松が飾られていました(この日はまだ1月10日でしたから)。







07寂光院-本堂正面

山門をくぐり真正面の本堂に伸びる石畳。
両脇に降り積もる雪が壁のようにそそり立っています。







08寂光院-本堂斜め右






09寂光院-燈籠

雪に埋もれているという表現がぴったりですね。







10寂光院-池

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

本堂に向かって右手の北庭園の「四方正面の池」に至っては凍りかけていました。







12寂光院-池氷1






13寂光院-池氷2

水鏡のように見えるのは渡り廊下の屋根から滴り落ちる雫で凍らずにいた所。
氷柱になるほどの冷え込みではなかったので、こういうちょっと変わったものも見ることができました。








14寂光院-池氷3





15寂光院-南天

モノトーンの雪景色の中で数少ない彩りを与える南天の赤い実。






16寂光院-本堂より山門

本堂の前から見る山門方向。







17寂光院-境内





18寂光院-汀の桜-2

心字池も凍っています。







19寂光院-鐘楼

諸行無常の鐘。






20寂光院-鐘楼2






21寂光院-本堂斜め左

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

帰る頃にようやく雪が止み、日も差しかけて来ました。







23寂光院-本堂正面2

もう一度本堂を正面から。







24寂光院-参道斜め

山門前を斜めより。







25寂光院-参道2


美しい雪景色に何度も心震わせながら、同時に今年は格別かもしれませんが、それでも改めてこの雪深い土地で送ったであろう建礼門院や大納言典侍らの過酷な日々にも思いを馳せ、胸が痛んだ今回の寂光院訪問。

本当にこれは観光で来ているだけだからいいのです。
こちらを訪ねる途中にも、地元の方々が懸命に雪掻きをされている姿を横目に見ながら、物見遊山で雪を楽しんでいるのが申し訳なくも思いましたが、それでもやはり雪の大原、雪の寂光院はたとえようもなく美しく、心惹かれて止まない特別な場所。

今年は後どれほどの機会があるかわかりませんが(今週末の三連休辺りに寒波再来の予報も)、もしタイミングが合うようでしたら、是非一度お訪ねになってみられてはいかがでしょう。
ただし、その節には防寒・防滑対策にも怠りなきように! (^_^)/




【撮影日:平成23年1月10日】



《メモ》
  寂光院 【地図】
   京都市左京区大原草生町676
   拝観料… 一般600円、中学生350円、小学生100円
   拝観時間…9:00-17:00(12~2月は16:30まで)





スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用


<<大阪城梅林の早咲き梅 | BLOG TOP | 雪の大原へ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。