四季彩綴り

百花繚乱の梅宮大社

00P1130549.jpg

  1. 京都・洛西
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 
 
 
 
 
 
長岡天満宮、乙訓寺に続く洛西の花めぐりの締めは梅宮大社。
こちらも四季折々に多くの見どころがありますが、とりわけこの時期の境内は数限りない花が咲き乱れ一押しスポットです(^-^)/


01P1130530.jpg





02P1130533.jpg

舞殿には今年の干支の絵馬が。
可愛らしいおさるさんです。




03P1130534.jpg

そして、その向こうの本殿脇には青紫の花の群生が!




04P1130537.jpg

この網目模様は「アヤメ」ですね。





05P1130547.jpg

さて、神苑に入りますと、咲耶池の前にも青紫色の花がちらほら見えますが、





06P1130543.jpg

こちらは網目のない白のラインということで「カキツバタ」。

とまあ、見た目で行くと花弁の元の部分で見分けることができますが、もう一つのわかりやすい違いは湿地に咲くか、乾燥地に咲くか。カキツバタは湿地なので、このように池の水際に植えられています。




07P1130712.jpg

一方、アヤメは普通の陸地に咲きますので、こうして牡丹と一緒に植えるということもできるわけです。





08P1130615.jpg

再び咲耶池へ目を向けますと、真っ赤なキリシマツツジと共に白い花が…。





09P1130616.jpg

こちらも湿地に咲いていますので白のカキツバタですね。





10P1130589.jpg





11P1130562.jpg

しかし、この日の主役は何といっても真っ赤なキリシマツツジ。
長岡天満宮では盛りが過ぎてしまっていましたが、こちらでは何とか間に合ったようです。





12P1130624.jpg

石造りの八橋を渡って行きたくなる所ですが、あえて外周の散策路へ。




13P1130566.jpg

せっかくなので池への映り込みも楽しみたいですから(^_^;)
青空の広がる好天でしたので映り込みもまずまず。青空が実物より濃く見えるのもいいですね。




14P1130565.jpg

散策路脇のツツジも真っ赤!
咲き加減もちょうど良い塩梅でした。




15P1130571.jpg

さらに進んで行くと道の両脇にツツジが迫って来ます。
左寄りの白のツツジがまだ蕾でしたので、やや物足りなさもありますが、手前右のピンクがかった濃いツツジの鮮やかさが素晴らしい!





16P1130572.jpg

散策路から八橋を真横から眺めるアングルで。
奥の神苑の門も良いアクセントになっています。




17P1130577.jpg

再び散策路を進むと、さらにツツジが間近に迫って来て凄い迫力!





18P1130585.jpg

そして、ツツジの小径を抜けると今度は眩しい青もみじが登場。
水鏡への映り込み美しい♪




19P1130582.jpg

振り返ると青もみじの向こうに少しずつ色味の異なるツツジの波が!
もう鮮やか過ぎますね。




20P1130701.jpg

咲耶池の裏手は青もみじも多く、キリシマツツジの赤との取り合わせが美しい♪





21P1130597.jpg

また、キリシマツツジの他にも名残りの八重桜に盛りを過ぎかけた山吹…、




22P1130600.jpg

小さな小さな白い花はドウダンツツジ。
「ツツジ」と名がついていても、随分違うものですね。





23P1130645.jpg

さて、まだまだ奥へ進んで行きますと、真っ赤なツツジの下には青白い花の群生が。




24P1130599.jpg

これまたアヤメ科の「シャガ(射干)」です。




25P1130647.jpg

そして、こちらにもまた青紫色の花が賑やかに♪




26P1130648.jpg





27P1130649.jpg

これも網目模様がありますので「アヤメ」の一種ですが、その中でもいち早く咲くということで「イチハツ(一初)」の名があります。

ただ、実際は先ほどのシャガの方が早く咲き始めますので、一番最初と言うのはちょっと微妙ですが。




28P1130650.jpg

この一帯は八重桜も多く、盛りは過ぎていましたが、足元に散り敷く落花も風情があります。





29P1130653.jpg

しばらく行くと紅白のヒラドツツジが現れましたが、まだ咲き始めで花は少な目。
奥に見える八重桜の方が花盛りの体で…。





30P1130657.jpg

その奥には藤棚もありました。
房はやや短めでしたが、花の香を嗅ぎ付けた熊蜂がブンブン飛び交っていました。





31P1130663.jpg

外側から見る方が順光なのもあってより咲いているように見えます。





32P1130660.jpg

先ほどツツジ越しに見えていた八重桜の下に。
ここから池の端を行きます。




33P1130688.jpg

こちらの勾玉池では早くも白い睡蓮までちらほら咲き始めていました。





34P1130669.jpg

こちら側から見るとヒラドツツジも結構咲いているようでしたが、見頃はもう数日後だったでしょうか。




35P1130695.jpg

咲き始めの赤いツツジの上に白い桜の花びら、そして、藤棚も一緒に取り込んでみました (^_^;)




36P1130689.jpg

日陰がちの場所では八重桜もまだまだ見頃のものも。




37P1130674.jpg

とはいえ、多くは盛りを過ぎており、足元には桜色の絨毯が!
こんな情緒満点の光景に出会えるとは嬉しい誤算でした。




38P1130548.jpg

ということで、そろそろお暇を…。

キリシマツツジにカキツバタや藤といった初夏の花を愛でつつ、遅咲きの八重桜など春の名残りの風景にも出会え、大いに楽しませていただいた梅宮大社でした (^-^)

【撮影日:平成28年4月23日】


《メモ》
  梅宮大社 【地図】
    京都市右京区梅津フケノ川町30
    電話…075-861-2730
    拝観時間… 9:00~17:00
    神苑入苑料…一般550円、小人350円

    ※平成28年4月1日より入苑料が改定されています。



スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<春日大社・萬葉植物園 | BLOG TOP | 牡丹咲く乙訓寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback