四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

シャクナゲ咲く高野山

00P1150263.jpg

  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 
 
 
 
 
昨年は開創1200年の記念行事目白押しの時期でしたので回避しましたが、今年は久しぶりに初夏の高野山を訪ねました。



01P1140991.jpg

まずは塔頭の総持院さんへ。




02P1140992.jpg

お目当てはこちらの美しい白藤。
樹齢1000年を超えるという古木ですが、今年も見事な花を咲かせていました。




03P1140989.jpg

「登龍藤」とも呼ばれていますが、これは明治時代に小松宮彰仁親王が立派な幹を見て命名されたのだそうです。





04P1140986.jpg

好天に恵まれ青空をバックに映える白い藤の花(日差しが強すぎて影が濃く出てしまう難点もありますが)。




05P1140983.jpg

カピタン系の短くぷっくりとした房が豪華!
ちょうど見頃の時期に行き会えて良かったです (^-^)





07P1140979.jpg





06P1140975.jpg

総持院さんは平安時代の久安年間(1145~1150)に創建といわれ、さらに樹齢1000年超となれば、院政期の都の貴人方もこの藤をご覧になっていたかもしれませんね (*^-^*)



ということで、お次は金剛峯寺へ。


09P1150009.jpg

正門前のシャクナゲはまだ咲き始めで花数も少な目。




10P1150017.jpg

門をくぐってすぐ左手の経蔵前はそこそこ咲いていましたが、まだ満開には程遠く…。



この日は金剛峯寺の内部拝観はせず、再び正門の外へ (^_^;)


11P1150044.jpg

表の道路と正門の間がシャクナゲの森のようになっています。




12P1150036.jpg

塀の向こうに見える屋根は鐘楼です。




13P1150042.jpg

お誂え向きのポジションにまとまって花が。




14P1150045.jpg

ここもまだまだこれからでしたが、咲き始めの濃いピンクの花色が美しい♪




15P1150062.jpg

かと思えば、早くも散り始めている花も…。





16P1150069.jpg

さらに進んで行くと、日当たりの良い道路沿いでは多くの花を付けている株もありました。
ここもまだ満開ではないのですが、ぷっくりと膨らんだ蕾も花のように見えてとても華やかでした。




17P1150080.jpg

そんなピンクの中に白い花も。
このシャクナゲは盛りを過ぎていたようで、少し傷みも目立っていました。



さて、高野山のシャクナゲで忘れてならないのがこちら。



18P1150168.jpg

塔頭の金剛三昧院。
以前は境内への立ち入りは自由でしたが、昨年から特別拝観料500円が必要になったようです。




20P1150152.jpg

天然記念物に指定されている大石楠花は残念ながらまだ五分まで行っていたかどうかの咲き具合。





21P1150111.jpg





22P1150108.jpg

よく咲いている所でこのぐらい。




23P1150103.jpg

もう一週後ぐらいが見頃だったようです。




24P1150119.jpg

ところで特別拝観には内拝も含まれており、中のお庭を今回初めて見ることができました。




25P1150123.jpg

こちらにもシャクナゲが植わっていますが、ここはもう盛りは過ぎていました。この日当たりの良さではさもありなん?




26P1150097.jpg

そして、金剛三昧院と言えば国宝の多宝塔。
北条政子が夫の源頼朝や子の実朝の菩提を弔うために建立したといわれるものですが、この塔とシャクナゲのコラボは非常に淋しいものに。




27P1150146.jpg

その代わりに花を添えていたのは桜…ではなく「花海棠」。




28P1150142.jpg

花の感じはよく煮ていて紛らわしいですが、葉っぱが違いますね。



ということで、ちょっと消化不良の感も否めない金剛三昧院を後にしましてさらに散策を。




29P1150182.jpg

途中、もみじの花や




30P1150086.jpg

青紫色の美しい苧環の花




31P1150204.jpg

さらに咲き始めの白のツツジや




32P1150205.jpg

名残りの八重桜にノムラモミジなど晩春から初夏に見られる花々を愛でつつ




33P1150212.jpg

霊宝館の前まで来るとまるで秋と見紛う光景が!
近頃はこの手の常紅のもみじが増えて来ましたね (^_^;)




34P1150223.jpg

紅いもみじに青もみじ、そしてシャクナゲの取り合わせ。





35P1150239.jpg

透過光で見る紅葉が鮮やかで美しいですが、何かちょっと妙な気分。





36P1150248.jpg

シャクナゲも頑張って咲いていましたが、どうも主役のお株を取られたような感じで… (^_^;)





37P1150253.jpg

続きましては壇上伽藍の蓮池の畔へ。




38P1150255.jpg

ちょうどいい具合に太鼓橋にかかるように多くの花を付けてくれていました。




39P1150262.jpg

このエリアもシャクナゲが多く咲いていて、木立越しですが色鮮やかな根本大塔とシャクナゲの取り合わせが麗しい。





40P1150264.jpg

こちらは再建された中門とのコラボ。




41P1150265.jpg

ここはあまり人通りもなく静かで、中々雰囲気が良かったですよ (^-^)




42P1150278.jpg

紅葉に劣らず青もみじも素晴らしい壇上伽藍。
青空も良いアシストをしてくれていました。




43P1150289.jpg

蛇腹道にも所々ノムラモミジの彩りが。
新緑との対比が眩しいばかりで…。



44P1150290.jpg





45P1150291.jpg

いつもとは逆回りでの散策でゴール。
シャクナゲについては次の日曜日あたりの方が良かったと思いますが、この素晴らしい青空に、総持院さんの登龍藤の見頃も過ぎていたかもしれませんので、まあ、これで良かったのでしょう (^-^)

【撮影日:平成28年5月5日】


《メモ》
  金剛三昧院 【地図】
   和歌山県伊都郡高野山425番地
   TEL:0736-56-3838

  〔特別拝観期間〕※時期については公式ページでご確認を!
   拝観料… 500円
   拝観時間… 8:00-17:00




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<ツツジ咲く三室戸寺 | BLOG TOP | 牡丹咲く長谷寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback