四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

杜若咲く勧修寺

00P1150960.jpg

  1. 小野・醍醐
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 
 
 
 
杜若が三本続きますが、最後の締めは小野の勧修寺へ。



01P1150850.jpg



02P1150851.jpg

まずは宸殿前のノムラモミジ。
こちらは常紅なのでいつでも紅葉狩り気分を味わえます (^-^)




03P1150966.jpg

強い日差しにキラキラ輝く青もみじ。
対照的に足元には濃い影が…。




04P1150858.jpg

緑の中に佇む観音堂。
その傍らに広がる氷室池がこの日のお目当てでした。




05P1150961.jpg




06P1150962.jpg

見頃を迎えた杜若。




07P1150865.jpg

こちらでは青紫と白が仲良く咲き誇っていました。





08P1150867.jpg

白の杜若には紫と黄色のラインが入っています。





09P1150868.jpg

杜若は燕子花とも書き、燕の飛ぶ姿に喩えられることもありますが、白の杜若については、どちらかといえば蝶々に似ているように思われます。




10P1150874.jpg

5月初めというのに早くも睡蓮も開花。
同じ日に平安神宮でも見ましたが、本当に季節の移り変わりがハイスピード過ぎます (>_<)




11P1150857.jpg

池の中にまるで生け花のように配された杜若。




12P1150861.jpg

しかし、そんな杜若よりも強く目を引いたのは背後に広がる黄色の群生!




13P1150883.jpg





14P1150881.jpg

黄菖蒲です。
地中海沿岸地方が原産の外来種で、その繁殖力の強さから「要注意外来生物」にも指定されています。




15P1150879.jpg

勧修寺さんではもうお馴染みの光景になっており、特に激増しているような様子もないので、きちんとコントロールされているのだとは思いますが…。




16P1150855.jpg

もう一つお馴染みといえば、こちらをねぐらにしているサギさん。





17P1150863.jpg





18P1150853.jpg

妙に気取ったポージングのアオさま! (^_^;)
咥えている枝は巣作りに使われるのかしら?




19P1150888.jpg





20P1150871.jpg

池の中を歩く白鷺さんも。




21P1150928.jpg

微妙な距離感。
お互いの存在に気づいているのや否や…。





22P1150893.jpg

池の水面に映る観音堂。





23P1150900.jpg

黄菖蒲越しでも…。




24P1150906.jpg

こちらは書院をバックに…。




26P1150916.jpg

と、ここでカルガモの親子も登場!




27P1150918.jpg





28P1150920.jpg

母ガモは周りに気を配りつつ、黄菖蒲の群生の前を通り過ぎて行きました。





29P1150920.jpg





30P1150923.jpg





31P1150905.jpg

名前はわかりませんが、このような白い花もそこかしこに咲いていました。





32P1150931.jpg

観音堂と杜若を。




34P1150926.jpg

少し遠いですが、ズームで杜若と睡蓮を一緒に。




35P1150956.jpg

観音堂の前には次から次へと人が絶えることがなかったのですが、その理由はやはり…





36P1150959.jpg





37P1150945.jpg

カルガモの親子。
餌まで持参している方もおられました (^_^;)




38P1150947.jpg





39P1150953.jpg

おかげで睡蓮の花の間を泳ぐ親子の姿なども見ることができましたけどね (^_^;)




40P1150936.jpg

こちらの池もどちらかと言えば花菖蒲の方が有名ですが、ほぼ満開の杜若に黄菖蒲、さらに少々フライング気味とはいえ睡蓮まで見られて良かったです。ただ、その替りに藤の花が終わってしまっていたのは残念でしたが。

来年は桜と杜若の間にもう一度訪ねないといけませんね (^_^;)


【撮影日:平成28年5月8日】


《メモ》
  勧修寺 【地図】
   京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
   TEL:075-571-0048
   拝観料… 一般400円、小中学生200円
   拝観時間… 9:00-16:00




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<初夏の東山散歩 | BLOG TOP | 杜若咲く平安神宮>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback