四季彩綴り

初夏の東山散歩

00P1160643.jpg

  1. 京都・東山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
超混雑エリアにつき、めったに足を運ばない東山エリア (^_^;)
今年は初夏の花もハイスピードで進み、ちょっと一段落といった雰囲気の5月下旬、まだ気候の良いうちにと思い、軽く散策して参りました。



01P1160534.jpg

まずは八坂神社から。
東大路通に面した西楼門。朝のうちは逆光になるので少々見づらいですが、手前のサツキが見頃になっていました。




02P1160541.jpg

ピンク色の花がびっしり詰まっていますね。




03P1160545.jpg

かと思えば、こちらは開花が遅れているのか、あるいは赤と薄紫の花ですので種類が違うのか、花付きがまばら。まあ、これくらいの咲き加減も悪くないですけどね。




04P1160546.jpg





05P1160547_20160706195217a34.jpg

上から見下ろすと花に埋もれて緑の葉っぱが見えないほど。
これこそ花の絨毯ですね (^_^;)




06P1160552.jpg

さて、八坂さんを通り抜けて円山公園へ。
祇園枝垂れ桜もすっかり緑の葉に覆われておりましたが、天辺をよく見ると…




07P1160553.jpg

サギがまったりとくつろいでいました。
まさかこんな所で巣作りなどしないでしょうね (^_^;)




08P1160554.jpg

日曜日とはいえ、まだ7時台は人通りもまばら。
柳やもみじの緑が何とも美しい♪





09P1160557.jpg





10P1160565.jpg

ここでも赤のサツキがぽつぽつと咲き始めていました。





11P1160566.jpg

さらに大谷祖廟の参道にもサツキが。
しかし、逆光がキツイ…(>_<)




12P1160573.jpg

ねねの道。




13P1160579.jpg

八坂の塔がちらり。




14P1160585.jpg

二年坂。




15P1160588.jpg





16P1160593.jpg

三年坂。
この辺りまで来ると完全に人通りが途切れることはなくなりました(^_^;)




17P1160594.jpg





18P1160595.jpg

ということで、清水寺に到着!
仁王門と三重塔のツーショットも残念ながら人なしでの撮影はできず…。





19P1160602.jpg





20P1160604.jpg

西門前のサツキも日当たりの良いこちらの株はほぼ満開!
とここで、早くも修学旅行生の御一行様がやって来られ、集合写真など撮りだしたので、追いつかれないうちに舞台へ!





21P1160607.jpg





22P1160690.jpg

舞台から望む市街地。
少し霞んで西の山の稜線はぼんやりとしていますが、まずまずの青空♪




23P1160621.jpg

霞んでいると言っても、至近距離の京都タワーなどはくっきりと見えていました。




24P1160608.jpg

眼下に広がるのは眩いばかりの新緑。





24P1160615.jpg

緑の一色の中では、塗り直されてまだそう経っていない子安の塔の朱色がひと際目を引きます。





25P1160696.jpg

一方、奥の院はまだ修復工事中。
隣の阿弥陀堂と共に着工からはや3年になりますが、いつ頃完了となりますことやら。





26P1160616.jpg

青もみじに覆われる舞台。
これが秋には美しい紅葉となるわけです。




27P1160698.jpg

青もみじ越しに子安の塔を。





28P1160622.jpg

工事中とはいえ、奥の院前には展望台が設けられていますので、定番のこの風景を愛でることはできます。





28P1160622-2.jpg

朱塗りの三重塔は今年3月に修理が完了したばかりですので、塗り直されたものを拝見するのは今回が初めて。さらにその隣の轟門もまだ修復工事中ですが、既に素屋根が取り払われており、足元のブルーシートが若干気になるものの、久しぶりに一通りの堂舎が勢揃いした状態を見ることができました (^-^)v

しかし、これも一時的なことで、今年中に肝心要の本堂の工事が始まる予定ですので、間もなく素屋根に覆われてしまうことに…。工期は3年と見積もられていますが、その間、清水寺のシンボルである舞台も見られなくなるはつらいですね。





29P1160630.jpg

奥の院から下る途中、咲き始めの紫陽花がちらほらと…。




30P1160628.jpg

ほとんど日が当たらなさそうな場所ですのに、5月下旬でこの色づきとは驚きです。




32P1160650.jpg

続いては子安の塔へ。





33P1160659.jpg

これは広角レンズを使っていますので、随分小さいように見えますが、もちろん実際はそんなことはありませんよ (^_^;)





34P1160642.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、子安の塔へ上る参道の途中から。
三重塔から本堂まで、横一線に綺麗に並んだ姿を見ることができます。





35P1160636.jpg

鮮やかな朱色の三重塔。




36P1160633.jpg

そして、新緑に囲まれた本堂。
やはりこれぞ、清水寺!ですね。




37P1160711.jpg

その舞台の足元を間近から。
毎日多くの観光客がひしめく舞台の総荷重はいかばかりか…。長期に亘る修復工事も、この素晴らしい遺産を後世に残すためには必要不可欠なものですよね。




38P1160682.jpg

本堂脇の石段を上って、もう一度奥の院前の展望台から。
この時間になるともう舞台の上は修学旅行生の団体などで大混雑。
やはり静かにお参りするにはなるべく早い時間がオススメですね(^_^;)

なお、本堂や舞台へも何度も行けますが、拝観券の再チェックがありますのでご注意を。





40P1160714.jpg

阿弖流為・母礼の石碑にもわずかながらサツキの彩りが。





41P1160720.jpg

清水寺境内にもサツキの植え込みが結構ありますね。




42P1160725.jpg

放生池前から青もみじ越しに三重塔。





43P1160722.jpg

池の端では大きな亀さんが日向ぼっこ。
手で触れられるほどの至近距離でじっとしていたのでビックリしました (^_^;)





44P1160731.jpg

こちらもサツキが花盛り!





45P1160728.jpg





46P1160599.jpg

時期的にサツキにはまだ早いと思っていましたが、意外にも多くの花に出会えてしまった東山散策でした (^-^)/

【撮影日:平成28年5月22日】


《メモ》
  清水寺 【地図】
   京都市東山区清水1丁目294
   TEL:075-551-1234
   拝観料… 一般400円、小中学生200円
   拝観時間… 6:00~(閉門時間は季節により変動→ 公式ページ参照のこと



スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<サツキ咲く東福寺 | BLOG TOP | 杜若咲く勧修寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback