四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

盛夏の信越旅・後編~上越

00P1210612.jpg

  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
白馬からオリンピック道路を走って長野市内に出て、さらに上信越道で北上。


01P1210339.jpg

頭上は青空が広がり晴れに違いないのですが、やはり周辺の山々の上には湧き立つ雲が…。




02P1210342.jpg

その後、野尻湖にも立ち寄ってみましたが、湖越しに妙高山などの山並みが見えるはずがこの通り… (>_<)




03P1210349.jpg

ということで、早めにお宿にチェックイン。
夕方には少し雲も切れて夕景を楽しめましたが、結局すっきりとしないお天気のまま日没を迎えることに。




04P1210389.jpg

とはいえ、この日のメインはこちらのイルミネーション。
昨年も拝見しました が、今年はさらに会場が増えてパワーアップしているとのことで、楽しみにしておりました。




05P1210381.jpg

夕食が遅め開始だったため、花火は会場の外から観覧。
約1分間であっという間ですが、すぐ近くで見られるのでそれなりに迫力もありました。
ただ、本当はイルミネーションと一緒に観られるのがいいのですけどね(^_^;)




06P1210625.jpg

さて、導入は虹色に変化して行く光のトンネル。




07P1210395.jpg

見た目の美しさとは裏腹に300m超という距離に加え、かなりの急勾配で、ふとした拍子に思わず立ち止まってしまうほど。イルミネーションがなければとても歩いていられません(^_^;)




08P1210546.jpg

最初の難所(?)を過ぎれば後はわりあい平坦で、ゆっくりイルミネーションを楽しむことができます。





09P1210412.jpg





10P1210415.jpg

元はゴルフコースだったという会場には池もあって、そこに映り込む光景がさらに神秘性を増させる効果も。

しかし、小耳に挟んだ話では、こちらはあまりに難易度が高すぎてプロでも手こずるようなコースだったため、利用者が伸びず閉鎖の憂き目に遭ったのだとか。負の遺産の上手い活用法を見つけられたものですね。




11P1210444.jpg

呼び物の一つのウォータープロジェクションマッピング。
今年は風神・雷神と題し二カ所に増やして催されていましたが、正直言って、昨年ほどの感動もなく…。見た場所が悪かったのかもしれませんが(正面より少し外れていたので)、昨年の方が画像がクリアで龍ももっと迫って来たり全体的に躍動感があったように思うのですが(初見ゆえの思い出補正があるにしても)。




12P1210436.jpg





13P1210486.jpg

新設エリアの幻想庭園。
眩いばかりの光のお花畑です。




14P1210478.jpg

よく見ると電飾には星型やハート型のものも。
棒に刺さっていてまるでキャンディーのよう (^-^)




15P1210496.jpg

他にバラの花の形をしたものもあったりして、まさにお花畑ですね。





16P1210499.jpg

そんなお花畑の中に龍が。
確か昨年は池の中にいたはずですが…。





17P1210551.jpg

そして、締めは昨年と同じく光の双龍。
最初に光のトンネルを上った分だけ、最後は急勾配を下って行くことになります (^_^;)





18P1210575.jpg

絵が大きすぎてわかりづらい…。





19P1210587.jpg

これぐらい引いて見るのがベターのようです (^_^;)





20P1210596.jpg

時折、光が点滅して、タイミングによってはこのように暗闇に龍の姿が浮かび上がったり、火を吐いたりする演出も。





21P1210605.jpg

龍の目が光ってますよ!





22P1210608.jpg

で、最後にこうして光のフレームに一緒に収まって記念撮影などもできたりして、総じて見ごたえのあるイルミネーションでした。

一周およそ2.5km。高低差も考えると食後の運動というには少々負荷が大きいようにも思いますが(汗)、高原ということで夜はじっとしていると少し肌寒く感じるほどでしたし、歩き回ってもあまり汗もかかず、心地よく散策できたのはよかったです (^-^)




24P1210631.jpg

空けて13日早朝。
この日も上空は晴れでしたが、山にかかる雲は消えることなく…。

今さらながら、初日の雲一つない好天は奇跡だったのではと思えるほどです (^_^;)



最終日は日本海へ抜けて北陸道経由で帰阪の予定で寄り道を二つばかり。


25P1210670.jpg

一つ目は 昨年も訪れた高田公園の蓮





26P1210661.jpg

朱塗りの欄干が絵になる西堀はほとんど咲き終わっていて、大きな葉っぱの影にちらほら見え隠れするだけ。





27P1210641.jpg

一方、南堀は昨年ほどではないものの、まずまずの咲き加減。





28P1210647.jpg





29P1210646.jpg





30P1210676.jpg

蕾から散り際まで一通りの花を愛でることができました。





31P1210654.jpg

一週早ければもう少し多くの花が咲き揃う風景を見ることができたのでしょうが、こればかりはしょうがありませんね。





32P1210644.jpg





続いて、二つ目の寄り道。


33P1210702.jpg

つくしファームひまわり畑。
当地の医療福祉法人が運営されています(詳細は こちらを参照 のこと)。




34P1210704.jpg

何カ所かあるファームの中で、こちらは道路沿いに近い所では既に盛りを過ぎて多くの花が項垂れてしまっていましたが、




35P1210706.jpg





36P1210739.jpg

奥の方にちょうど見頃のお花畑が広がっていました。




37P1210734.jpg

強い日差しを受けて眩しいばかり!




38P1210719.jpg

しかし、この花を見ると自然と口元が緩んでしまいますね (^-^)




39P1210689.jpg





40P1210684.jpg

青空に映えるビタミンカラー!
これぞ日本の夏!ですね (*^-^*)




41P1210724.jpg





43P1210748.jpg

そして、こちらのひまわりの向こうには




44P1210750.jpg

早くも垂れ始めた稲穂が。




45P1210753.jpg

まだまだ青々としていますが、これが美しい黄金色に輝く美味しい実りの秋も、もう間もなく訪れそうですね o(^-^)o

【撮影日:平成28年8月12~13日】




《メモ》
  アパリゾート上越妙高イルミネーション 【地図】
   新潟県妙高市桶海1090
   TEL:0255-82-4111

  高田公園・上越蓮まつり 【地図】
   新潟県上越市本城町
   TEL:025-543-2777

  つくしファームひまわり畑 【地図】
   新潟県上越市南新保897-1
   TEL:025-520-3294



スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<秋海棠咲く三千院 | BLOG TOP | 盛夏の信越旅・前編~白馬>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback