四季彩綴り

蓮の花咲く三室戸寺

00P1190159.jpg

  1. 宇治
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
紫陽花目当てで6月半ばに訪ねた時 にも既に咲き始めていた三室戸寺の蓮ですが、それから三週間後、そろそろ見頃になっているのではと思い再訪してみました。



01P1190149.jpg

本堂前に広がる蓮の波。
しかし、思ったより花は少ない… (-_-;)





02P1190218.jpg

場所によってはまとまって咲いていたりもしますが、これからの蕾もあれば、もうすっかり終わってしまっているものもあったりとかなりバラつきが…。早くから咲き始めたものがある分、開花時期にだいぶんズレが出来てしまったのでしょうね。





03P1190166.jpg

それでも、部分的に切り取れば、大変華やかでまさに極楽浄土のような雰囲気も。




04P1190168.jpg

日の光を受けて何とも神々しい!




05P1190151.jpg





06P1190153.jpg





08P1190176.jpg

豪華な八重咲き♪





09P1190230.jpg

花数は少なくても、それなりの種類も見られました。





10P1190165.jpg

濃いピンクの八重咲きはその艶やかさで特に目を惹きますね。





11P1190213.jpg

咲き始めのこれぐらいも可愛らしい♪





12P1190180.jpg

こちらは一重の紅蓮。





13P1190199.jpg

白い蓮にまるで筆で色を入れたような不規則な縁取りが。





14P1190172.jpg

穢れを知らぬ純白の花!





15P1190228.jpg

花びらの先端だけほんのりと紅を差して…。





16P1190201.jpg





17P1190174.jpg

欲を言えばこういうアングルでもう少したくさんの花が咲いていて欲しかったところですが…(^_^;)





18P1190157.jpg





19P1190195.jpg





20P1190162.jpg

青空に向かって真っ直ぐ高く伸びあがる白蓮。





21P1190187.jpg

青空の下で見る蓮の花はやはり格別ですね (*^-^*)





22P1190188.jpg

あと、蓮の花に隠れて見逃されがちですが、浮舟の古蹟碑の傍らの宝篋印塔もブルーが爽やかなガクアジサイに彩られていました。





23P1190145.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ということで、この日の紫陽花の様子もついでに載せておきますと、さすがに盛りは過ぎていましたが、遠目にはまだまだ綺麗でした。




24P1190245.jpg

日陰のものはまだ旬のような色鮮やかだったり♪




25P1190254.jpg





26P1190248.jpg





27P1190255.jpg

遅咲き種のレッド系はまさに最盛期と言えそうな雰囲気(日差しの強さで多少乾いた感もありましたが)。




28P1190258.jpg





29P1190272.jpg





30P1190266.jpg

今年はかなり早くから見頃になっていたので、7月に入ってもまだこれほど綺麗に咲いているとはちょっと驚きました。紫陽花シーズン真っ只中と比べると格段に人出も少ないですし、ちょっと遅めの訪問の方がストレスが少なくて良かったかもしれませんね。

【撮影日:平成28年7月2日】


《メモ》
  三室戸寺 【地図】
   京都府宇治市菟道滋賀谷21
   TEL: 0774-21-2067
   拝観料…大人500円、小人300円
   拝観時間…8:30-16:30(11/1-3/31は16:00まで)



スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<夏の花咲く勧修寺 | BLOG TOP | 桔梗咲く廬山寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback