四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

笠 そば畑

00P1230064.jpg

  1. 桜井初瀬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
奈良県桜井市の笠地区にある蕎麦畑へ。


01P1230047.jpg

真っ白な蕎麦の花が満開でした。




02P1230052.jpg





03P1230044.jpg

とても小さな可愛らしい花♪




04P1230044.jpg

さらに寄ってみると長い雄蕊が目立ちます。




04P1230050_1.jpg

しかし、一方ではおしべが短く、めしべの方が長く伸びているという花も(ズームで撮った画像がなくトリミングで切り出したため画質が悪くてすみません)。

めしべの長いものを「長柱花」、短いものを「短柱花」と呼びますが、同じ蕎麦畑の中に両方が存在し、その比率はおよそ半々だとか。そして、それぞれ「長柱花」×「短柱花」の組み合わせでないと受粉できない仕組みになっているため、自ずと受粉率が低くなり、作付け面積に対する収穫量も米や麦と比べるとかなり少なくなるそうです。

だからこそ少しでも確立を上げるためにこれほど多くの花を咲かせ、また多くの虫を呼び寄せるために強い臭いを発するのでしょうね。美しい風景とは裏腹にかなり不快な臭気が立ち上っておりました(^_^;)





09P1230061.jpg

この画像では分かりづらいですが、トンボなどがたくさん飛び交っていました。





05P1230054.jpg





06P1230065.jpg

つくづく曇天だったのが残念!
青空がバックならさぞや白い花もいっそう映えたでしょうに… (-_-;)




07P1230069.jpg

横から眺めると茎の下の方に付いた葉は黄葉していました。





08P1230058.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

さらにもう少し広い畑へ。
奥の方がより花が密集しているように見え、白さが強調されますね。




10P1230063.jpg

なお、笠地区には蕎麦畑だけでなく、もちろん田んぼもあります。




11P1230055.jpg

黄金色の稲穂が重たげに頭を垂れ、収穫ももう間もなくのようです。




12P1230074.jpg





13P1230075.jpg

そんな田んぼの傍らに彼岸花も。




14P1230077.jpg

数は多くはありませんが、白の彼岸花も咲いていました。





15P1230078.jpg

近づけなかったため、これもトリミングで拡大表示しております (^_^;)




16P1230085.jpg

さらにコスモスの花もちらほら♪





17P1230084.jpg





18P1230072.jpg

お次はこの花の出番ですね (^-^)/

【撮影日:平成28年9月19日】


《メモ》
  荒神の里 笠そば処 【地図】
   桜井市大字笠4408
   TEL:0744-48-8410





スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<乗鞍エコーラインの紅葉 | BLOG TOP | 蓮の花咲く東寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback