四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

高野山の紅葉~奥の院

00P1250651.jpg

  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
いよいよ関西圏にも紅葉シーズンが到来!
今年も高野山からスタートです (^-^)/


01P1250631.jpg

南阪奈道路上から朝焼けに浮かぶ二上山のシルエットを。
朝日が拝めそうでいて、その実、だんだん山に近づいて行くため、角度が変わって全然見えないままトンネルへ (^_^;)

その後、葛城~五條~橋本を経て、真田の里・九度山から高野龍神スカイラインで高野山へ。


02P1250638.jpg

まずは奥の院へのお参りから。




03P1250707.jpg

奥の院エリアの紅葉の中心は英霊殿周辺。
あいにくと朝の内は逆光が厳しいですが、大よそ期待通りの紅葉風景に出会うことができました。




04P1250653.jpg

お天気が良すぎて日差しが強い!




05P1250648.jpg

しかし、光り輝く紅葉はまた格別!




06P1250649.jpg

早手の木は既に落葉も始まっており、こちらはもう黄金色の絨毯が出来上がりつつありました。




07P1250654.jpg

赤と黄色の眩しいばかりの競演!




08P1250663.jpg

これでもイチョウはまだほんの少し青さも感じられましたが。




09P1250711.jpg

紅葉に映える白いススキ。
心持ち今年はススキの数が少なかったような…。




10P1250659.jpg

先ほどの散りイチョウが見られた木ですが、外側はまだまだ盛りのよう。
青空の下、順光で見るイチョウの凄まじいばかりの鮮やかさ!




11P1250714.jpg





12P1250672.jpg

一方、まだ日陰の英霊殿前すぐはこんな感じ。
決して曇ったわけではありませんよ。
赤色の濃さはむしろこの方が強く見えますが。

さて、いつまでも留まってしまいそうですが、人が増えて来る前にさっさと先へ進みます。





13P1250685_20161107190949529.jpg

御供所の門は閉じられていたので外から。





14P1250686.jpg

こちらは日当たりが悪いせいか、まだ色変わり途中ですね。
それに葉のボリュームもちょっと少な目のような。
昨年も門の内側から全容を見ることはできなかったのですが、あるいは木に衰えが来ているのかしら?





15P1250688.jpg

そして、水掛地蔵さんの所へ。





P1250691.jpg

こちらも木の高い部分だけわりあい色づいていました。
この辺りが見頃になるのはもう少し先になりそうです。





17P1250696.jpg

ということで、先ほどの紅葉エリアへ戻ります。





18P1250699.jpg





19P1250702.jpg

やはりこの界隈の進み具合は段違いですね。





20P1250704.jpg

透過光で見る紅葉の眩さ。





21P1250669.jpg

これぞ極楽の風景でしょうか。




22P1250716.jpg

日陰の英霊殿前も少しずつ日が当たり始めて来ました。




23P1250715.jpg

全体が光輝く姿も見たいところでしたが、まだ他に見るべきものがあるので…(^_^;)




24P1250719.jpg

手前はドウダンツツジの紅葉。
一口に紅葉と言っても、色あいは様々ですね。





25P1250717.jpg

それにしても、何と清々しい青空!
色付き半ばの紅葉でも、この青との対比効果で三割増しぐらい綺麗に見えます (^_^;)




26P1250721.jpg

一方、日陰ではそれぞれの色あいがよりリアルに。





27P1250723.jpg

紅・黄・緑の色合わせが美しい♪





28P1250729.jpg





29P1250735.jpg

光の加減でいえば、もう1時間ぐらい後の方が良かったのでしょうが、朝一の真っ青な空との競演を楽しめるのはこの時間ならでは。

人混みに揉まれる前に次のエリアへ移動してしまいます (^-^)/




30P1250732.jpg


【撮影日:平成28年11月5日】





スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<高野山の紅葉~壇上伽藍他 | BLOG TOP | 六甲山夜景>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。