四季彩綴り

  • 02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 03

初富士めぐり2017静岡編

00P1310059.jpg

  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
 
年の初めは恒例(?)の富士山周遊へ。
今年は幸いなことにお天気のめぐり合わせにも恵まれ、素晴らしい風景にたくさん出会うことができました \(^o^)/


まずは静岡県側からフィーチャー!

年賀状の配達を待って元日の午前10時頃に出発。
この時間からだと静岡入りはどうしても午後遅くになってしまいます。

 
01P1300884.jpg

さったトンネルを抜けると正面に富士山がドーンと!
西からですと浜名湖辺りから富士山は見えていますが、個人的にここからの眺めがやはり一番インパクトが強いですね。




02P1300899.jpg

富士川サービスエリアに隣接する富士川楽座の展望テラスから。
ここからですと、富士川の流れと共に見ることができます。




03P1300896.jpg

真っ白な雪を戴く富士の高嶺。
やはりこれがないと富士山らしく見えません (^o^)




04P1300919.jpg

その後、河川敷に降りて東海道新幹線とのツーショットを。
ハイスピードで通り過ぎて行くので、ベストのタイミングで撮るのは難しい… (~_~;)


さて、この日は富士川までやって来たものの、お宿は手前の清水に取っていましたのでここでUターン。




05P1300926.jpg

で、向かいましたのは日本平。
時間的にギリギリでしたが、何とか夕焼けに間に合いました。




06P1300927.jpg

美しいピンク色!
夕焼けの次の日は晴れると言いますから、翌朝にも期待♪




07P1300962.jpg

と思い、早朝に清水港へやって来ましたが、富士山はくっきり見えているものの、お空は曇天モード。




08P1300995.jpg

それでも、日の出は見ることができました。




09P1300990.jpg

元日の初日の出に続いて、二日連続のご来光♪





10P1300974.jpg

しかし、富士山側はますます雲が張り出して来て、ここからどうなるのかと涌き上がる不安 (-_-;)





11P1310004.jpg

それはともかくも、再び東へ。




12P1310010.jpg

富士川でもまだ雲は残っていたものの、青空が透けて見えていて、これはこれで絵になる風景♪




13P1310014.jpg

で、雲の動きなどを見るに、西の方から切れてきているように感じましたので、そちらを背景にできるような場所をと思案して…




14P1310021.jpg

やって参りましたのは伊豆長岡。
伊豆の国パノラマパークのロープウェイで標高452mの葛城山に登り、山上から富士山を眺めようという思惑で…(^_^;)




15P1310022.jpg





16P1310048.jpg

展望台からの眺めはこちら。
青空に富士山の冠雪が映え、期待以上の素晴らしい絶景が目の前にありました。





22P1310068.jpg

真正面に宝永噴火口も。




17P1310050.jpg

さらに雪化粧した南アルプス連峰も。




18P1310055.jpg

また、東側へ目を向けると狩野川の流れや韮山の町並みも。




19P1310056.jpg

で、その韮山の辺りで流人生活を送っていた源頼朝の銅像がここ葛城山上にあります。




20P1310061.jpg





21P1310064.jpg

流人時代にこの山で鷹狩をしたという言い伝えによりそういう出で立ちで。





23P1310073.jpg

ということで、葛城山からの絶景を楽しんで下山した後は





24P1310138.jpg

海岸べりへ。




25P1310134.jpg

観光船に群がるカモメたち。




26P1310085.jpg

山の上からの眺めもいいですが、海越しに見る風景もまた絶品です!




27P1310112.jpg

そして、この後は沼津の千本浜公園で松林越しに富士山をと思いましたが、なぜか急に雲が湧いて来て見えなくなったものですから、スルーして西富士周りで一気に朝霧高原へ向かうことに。




28P1310149.jpg

いきなりのドアップで失礼を。
手前は道の駅朝霧高原の建物ですが、窓などの形がどうも人の目のように見えてちょっと不気味な絵に…(^_^;)




29P1310155.jpg

こちら側は大沢崩れなど凹凸が激しく、荒々しさを感じさせる山頂。





30P1310158.jpg

この時は不思議な形の雲の群れに取り巻かれていましたが、ほどなくそれも消えて、また青空の下の神々しい富士山を目の当たりにできるようになりました。

ということで、ここから先は山梨県側になりますので、後日、改めて次の記事でアップさせていただきます (^-^)

【撮影日:平成29年1月1~2日】



スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<初富士めぐり2017山梨編 | BLOG TOP | 冬牡丹咲く長谷寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback