四季彩綴り

北野天満宮の梅(2) 梅苑

10P1100396-2.jpg



  1. 北野
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
昨日に引き続きまして北野天満宮の今回は苑の模様をお送りします。
※3月5日撮影のもので現在の開花状況とは異なりますのでご注意下さい。




11P1100268-2.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

北野天満宮のは境内だけでも十分楽しめますが、せっかくなので有料の苑にも入苑。




12P1100370-2.jpg



13P1100381-2.jpg

苑は早咲き・中咲き・遅咲きと様々な木が混在していますので、およそ1ヶ月の間いつもどこかでそれなりに咲いている状態が続きますが、その分、苑内全体が一斉に咲き揃うということもなく、どの時期に訪れるのがいいかタイミングを図るのにも難しいところがあります。

今年は冬の厳しい寒さの影響で開花が遅れ気味で、まだ少し早かったように思いましたが、ただ、場所によっては紅白取り混ぜてそれは見事な咲きっぷりにも出会うことができました。




14P1100389-2.jpg




15P1100388.jpg




15P1100393.jpg




16P1100414-2.jpg

この日の勢いは紅の方に軍配が上がりましたでしょうか。
もう少し陽射しがあれば…とも思いますが、紅の艶やかな色合いはむしろ曇天の下での方がより映えるのかもしれませんね。





17P1100417.jpg



【撮影日:平成23年3月5日】



《メモ》
  北野天満宮 【地図】
   京都市上京区馬喰町
   TEL:075-461-0005
   拝観時間… 5:00-18:00(10~3月 5:30~17:30)
   拝観料 … 境内自由、梅苑 600円(10:00-16:00・茶菓子付き)



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<城南宮の枝垂れ梅 | BLOG TOP | 北野天満宮の梅(1)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback