四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

京の雪景色~南禅寺

00P1330125.jpg

  1. 南禅寺
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
 
確定申告期で随分と更新が滞ってしまいどうもすみませんm(__)m
二週間以上空いてしまいましたが、前回に引き続き2月11日の雪景色より再開させていただきます。
 
 
01P1330092.jpg

平安神宮から南禅寺へと向かう道すがら足を止めたインクライン。
レールや敷石を消さない適度な積もり具合に、雪の華も残っていて中々いい感じです。




02P1330095.jpg

さて、参道を進んで行きます。





03P1330096.jpg

真っ白な屋根が眩しい勅使門。





04P1330099.jpg

そして、いよいよ境内へ。
パッと見た感じではどうも雪が少ないように思われましたが、




05P1330108.jpg

美しい雪の華に彩られた山門♪





06P1330107.jpg

門の向こう側にも満開の雪の華が!





07P1330153.jpg

この時は人影が途絶えず、後で撮り直したため少し融け落ちていますが、法堂へ伸びる白いトンネルも美しい♪
しかし、圧巻だったのはこの向こう側からの逆方向の眺め。




08P1330128.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

まるで桜と見紛う満開の雪の華!
ちょうど背後に青空も現れ、それはもう神々しいばかりでした。





09P1330124.jpg

このタイミングで訪れることができた幸せ♪
もっと早く来ていればこの青空はなく、また、もう少し遅ければキラキラ輝く雪の華には出会えなかったかもしれません。




10P1330130.jpg




11P1330137.jpg

一方、法堂周りは意外に雪の量は少なく…




12P1330138.jpg

方丈へ伸びる参道も薄ら。





13P1330139.jpg

でも、日陰がちなので雪の華はまだまだたくさん残っていました。





14P1330151.jpg





15P1330140.jpg

背の高い木の立ち並ぶ水路閣前はさらに積雪が少なくなりますが、木の根の上に薄らと積んだ雪の白と緑の苔の対比がまた美しく…。





16P1330149.jpg

レンガ造りの水路閣と雪の華。





17P1330142.jpg

そして、アーチ越しにのぞく南禅院の雪景色。
和と洋のコラボのようでこれまた印象的な光景でした。





18P1330134.jpg

山門を北側より。
雪の華咲く木々と山門を並べると、いっそう門の巨大さが強調されますね。




19P1330116.jpg

その向こうの塀越しに垣間見える雪の華。





20P1330117.jpg

この奥は紅葉の名所で知られる天授庵です。




21P1330154.jpg

ということで、こちらの中の風景は後日改めてまたアップしたいと思います (^_^;)

【撮影日:平成29年2月11日】




スポンサーサイト

テーマ:雪景色 - ジャンル:旅行


<<京の雪景色~天授庵 | BLOG TOP | 京の雪景色~御苑&平安神宮>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback