四季彩綴り

城南宮の枝垂れ梅

01P1100433案内板2


  1. 鳥羽
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
今回も3月5日訪問分になります。
(現在の開花状況とは異なりますのでご注意下さい)

北野天満宮のを楽しんだ後、午後からは鳥羽の城南宮へ移動。
南へ下って来たからでしょうか、午前中のはっきりとしないお天気から一転、抜けるような青空も広がって来ました。





02P1100484.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

神苑「楽水苑」の「春の山」を彩る枝垂れ
昨年一昨年 も訪れていますが、これほどの蒼天に恵まれたのは初めてのことで大変感激いたしました。






03P1100485-2.jpg





04P1100491.jpg





05P1100496-4.jpg

この日の時点ではまだ満開とはなっていませんでしたが(たぶん七分咲きだったかと)、十分に見ごたえのある素晴らしい咲きっぷり。






07P1100512-4.jpg






06P1100537-2.jpg




08P1100542-2.jpg





09P1100513-2.jpg

勢い盛んなピンクのに対し、白はやや控えめな印象だったでしょうか。






10P1100524-3.jpg





11P1100556.jpg

ついつい枝垂れの華麗さに目を奪われがちですが、城南宮の神苑では時を同じくして様々な種類の椿の花も見頃を迎えていました。

そちらはまた次の更新でお届けします。


【撮影日:平成23年3月5日】


《メモ》
  城南宮・神苑 【地図】
   京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
   TEL:075-623-0846
   入苑料:一般500円
   拝観時間… 9:00-16:30(受付は16時まで)




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<城南宮神苑の椿 | BLOG TOP | 北野天満宮の梅(2) 梅苑>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback