四季彩綴り

GW旅行(2)御船山楽園

00P1400830.jpg

  1. 九州
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
九州上陸後、まず向かったのは佐賀県武雄市にある御船山楽園。
武雄鍋島家ゆかりの日本庭園で、2011年に訪ねて以来、6年ぶり二度目の訪問となります。

前回 は雨がそぼ降る中ながら、花はそれなりに見頃で大変感動を覚えたのですが、
 


01P1400831.jpg

今回はこの入口近くにあるこの藤の花の様子を見ても察せられるように、タイミング的に遅いのは明白で…(>_<)




02P1400832.jpg

それでも眩しい新緑の散策路は美しい♪





03P1400834.jpg

木蔭には見頃のシャクナゲも!





04P1400837.jpg

池の向こうに見える右手の切り立った山が御船山。
その昔、神功皇后が新羅出兵からの帰途に船を繋いだことからその名が付いたとも言われています。





05P1400835.jpg

池の向こうには茅葺の古民家が建っていて、そのそばには白藤と




06P1400839.jpg

紫の藤の花が見えましたが、こちらは後ほど帰りに寄ることになります。





07P1400840.jpg

池の奥には黄菖蒲も。





08P1400849.jpg





09P1400846.jpg

日陰の場所では所々まだ見頃のツツジが咲いていました。





10P1400842.jpg





11P1400852.jpg

お天気が良すぎて明暗差が…(~_~;)





12P1400868.jpg





13P1400869.jpg

日の当たる場所ではツツジも終盤。





14P1400870.jpg

こちらは咲き始めで綺麗だったのですけどね。





15P1400878.jpg

そして、御船山楽園のメインステージとなるのですが、残念ながら多くが早咲きの久留米ツツジのため、既にすっかり散り失せており、山懐にわずかに残るのみでした (>_<)




16P1400878-2.jpg

この手前の刈り込みも全部咲いていたらさぞかし艶やかだったでしょうに…。





17P1400883.jpg

それでもまあ、青空の下でこのお庭を眺めることができたという意味ではリベンジ成功と言えなくもないか (^_^;)




18P1400884.jpg





19P1400886.jpg

それに、一部とはいえまだ花も残っていましたし♪




20P1400891.jpg

ズームアップするとちょっと可哀想な所もありますが。





21P1400887.jpg

美しい青もみじと名残りのツツジ。
まあ、これで良しとしましょう (^^)





22P1400895.jpg

上からの眺めも。





23P1400894.jpg





24P1400892.jpg

まだ見頃感のある花がわずかでも残ってくれていて良かった!\(^-^)/





25P1400865.jpg

本当に日陰だとまだまだこれからと思わせる所もあったのですよ。





26P1400861.jpg

ツツジの他では白藤♪
(最初のとはまた別の場所で咲いていました)




27P1400863.jpg

こちらはまだ咲き始めで蕾も多かったですが、青空に白は鉄板の美しさ!





28P1400855.jpg





29P1400901.jpg

新緑の鮮やかさもこのお天気でより引き立ち…。





30P1400903.jpg

そして、最初に見た藤棚へ。




31P1400905.jpg

紫の方は色褪せも目立ち、風が吹く度に舞い散っていましたが、




32P1400911.jpg

白藤の方はこちらもまだ半ばぐらいの咲き加減。





33P1400913.jpg





34P1400916.jpg

紫と白と並べてみても、ちょっと中途半端な感じかな。




35P1400918.jpg





36P1400923.jpg

ということで、前回があまりに素晴らし過ぎただけに、ちょっと残念な思いも否めませんでしたが、青空の下での散策という新たな体験もできましたし、これはこれでまあ良かったかと… (^_^;)


【撮影日:平成29年5月4日】


《メモ》
  御船山楽園 【地図】
   佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100





スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<GW旅行(3)展海峰 | BLOG TOP | GW旅行(1)往路>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback