四季彩綴り

城南宮神苑の椿

00椿


  1. 鳥羽
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
枝垂れ梅と時を同じくして花を咲かせ始める椿
城南宮には早咲きから遅咲きまで数多くの種類が植栽されており、梅よりも長く、およそ桜の時期まで花を愛でることができます。





01初嵐

【初嵐】





02初嵐





03日光紅唐子

【日光(紅唐子)】






04玉の浦

【玉の浦】






05紅侘助

【紅侘助】






06岩根絞

【岩根絞】






07曙

【曙】






09白羽衣

【白羽衣】






10有楽

【有楽(太郎冠者)】





11有楽





12蝦夷錦

【蝦夷錦】





13蝦夷錦





15城南椿

そして、最後に神社の名をそのまま頂く【城南椿





16城南椿s
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)





14城南椿

椿の花のもう一つの醍醐味・散り椿はまだあまり見られませんでしたが、桜の花の咲く頃には一面緋色の花で埋め尽くされる様も見られることでしょう。




【撮影日:平成23年3月5日】


《メモ》
  城南宮・神苑 【地図】
   京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
   TEL:075-623-0846
   入苑料:一般500円
   拝観時間… 9:00-16:30(受付は16時まで)





スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<大阪城梅林 | BLOG TOP | 城南宮の枝垂れ梅>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback