四季彩綴り

GW旅行(6)福岡・前編

00P1410448.jpg

  1. 九州
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
 
旅の舞台は長崎から福岡へ。
5日の昼頃までは好天を保っていましたが、その後、次第に下り坂となり夜には雨が降り出していました。

 
01P1410429.jpg

明けて6日の朝も今にも降り出しそうな曇天でしたが、まずは大濠公園へ。
池の畔でサギさんがモデル立ち(?)で出迎えてくれました (^_^;)





02P1410431.jpg

で、名島門をくぐりお隣の舞鶴公園へ。




03P1410451.jpg

これは潮見櫓かな?





04P1410443.jpg

舞鶴公園は福岡城址で、江戸時代初期には黒田如水(官兵衛)の隠居所もあったとか。





05P1410477.jpg

で、その一帯が現在は牡丹芍薬園となっています。
全体としてはまだ咲き始めのようでしたが、場所によっては見頃になっているものも。





06P1410446.jpg

特にこの辺りはもうすっかり満開になっていました。




07P1410453.jpg





08P1410440.jpg

芍薬とボタンは混同されやすいですが、これなどは黙っていれば本当に牡丹と信じて疑わないような…(^_^;)





09P1410450.jpg

一番わかりやすい違いは花を支えるのが茎か木か。
木の牡丹はある程度間隔を空けて植えられるのに対し、茎=草の芍薬は多くの花を群生させることもできますので、花の絨毯…というような密集具合の場合はまず芍薬かと…。

他に葉に切れ込みがあるのが牡丹、丸みを帯びているものが芍薬という見分け方もありますが。





10P1410466.jpg





11P1410470.jpg




12P1410459.jpg

一重、八重、手毬咲き、翁咲きなど形も様々。





13P1410461.jpg




14P1410478.jpg

さらに、もう終わったものと思っていた牡丹も遅咲きの黄色が数輪残っていました。





15P1410468.jpg




16P1410474.jpg

再び芍薬♪





17P1410475.jpg





18P1410447.jpg

やはりついつい濃い紅色に目が行ってしまいますね (^_^;)





19P1410449.jpg

これはバラのよう。




20P1410458.jpg

余裕があればもう少し福岡城址や鴻臚館なども見て回りたいところでしたが、家人連れだったのと、お天気が怪しくなって来たこともあり早々に退散ということになりました。



さて、その後は所用のある家人一人とは別行動を取ることに。
合流まで4時間ほどと中途半端な時間でしたが、ひとまずお次のスポットへ。




21P1410481.jpg

やって来たのは筥崎宮。
古来、大分の宇佐神宮、京都の石清水八幡宮と共に日本三大八幡に数えられますが、近年は知名度の高い鎌倉の鶴岡八幡宮に替えられる場合も。




22P1410482.jpg

青空の下だと良かったのですが。





23P1410485.jpg

立派な構えの楼門ですが、屋根の上をよく見ると





24P1410484.jpg

鳩がたくさん!
鳩は八幡様の御遣いとは言いますが… (~_~;)



さて、こちらでのお目当てもお花。
神苑花庭園へ。



25P1410521.jpg

こちらでも牡丹は終了していて、芍薬の花が主役の座へ。




26P1410528.jpg

開花寸前の玉のような姿は蓮の花を思い起こさせます。




27P1410530.jpg

咲き始めの清らかさ。




28P1410533.jpg

このくらいの花色の濃さが芍薬らしいかな。





29P1410556.jpg

芍薬の他にアヤメもよく咲いていました。





30P1410525.jpg

青紫のアヤメだけでなく、黄菖蒲や





31P1410519.jpg

白と薄紫のツートンカラーのものも。





32P1410537.jpg

また、わずかですが、シャクナゲも咲き残っていました。





33P1410547.jpg

全体としてはまだ咲き始めで少し寂しげな感じも否めませんが…。





35P1410549.jpg





36P1410554.jpg

こちらの小さな花は何でしょうね?





37P1410540.jpg

早咲きの紫陽花も満開!
この日一番の華やぎはここだったかもしれません (^_^;)





38P1410563.jpg

柏葉アジサイも。





39P1410557.jpg

大きな瓢箪がオブジェ風に。





40P1410573.jpg





41P1410575.jpg

こちらのアヤメはイチハツですね。





42P1410571.jpg

盛りには少し早かったものの、今回の旅で不足気味だった花成分を一気に充填して、さらなるスポットへと向かいます♪

【撮影日:平成29年5月6日】





スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<GW旅行(6)福岡・後編 | BLOG TOP | GW旅行(5)長崎・後編>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback