四季彩綴り

山吹咲く松尾大社

00P1390568.jpg

  1. 京都・洛西
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
桜に続いて見頃を迎えるのが黄色のこの花。
松尾大社のヤマブキです。

 
01P1390523.jpg

しかし、黄色一色!と思いきや




02P1390577.jpg

青みがかったものもちらほら見え隠れ。




03P1390572.jpg

アヤメ科のシャガでした。





04P1390529.jpg

それはさておき、松尾大社では来年末の平成の御遷宮を控え各所で修復工事が行われていて、楼門も屋根葺き替えのため素屋根に覆われており、一ノ井川べりの山吹も一部なくなっていました。





05P1390531.jpg

こちらは足場さえ気にしなければ、例年とそう変わりない雰囲気。





06P1390528.jpg





07P1390545.jpg

一重の山吹の下にちらちら見えるのは先ほどのシャガではなく





08P1390539.jpg

シロヤマブキ。
一重のヤマブキの色違いのようですが、学術的には別属に分類されるようです。




09P1390544.jpg

汀の山吹を水車と共に。
やはりちょっと淋しい花数かな。




10P1390546.jpg





11P1390534.jpg

この辺りはまずまずの咲きっぷりで。





12P1390547.jpg

手前に手水舎の亀さんを置いて…





13P1390532.jpg

こちらでも満開の一重の山吹に囲まれて亀さんが。
松尾大社では亀が神様の御遣いとされています。





14P1390551.jpg

ここも一重咲きの大群生。





15P1390552.jpg

こちらは八重咲きの山吹とまだ蕾のツツジ。
両方一緒に咲いてくれればいいのですけどね。





16P1390553.jpg

本殿前では八重の山吹が満開!





17P1390555.jpg

松尾大社は酒造りの神様ということで全国各地から奉納された酒樽も。





18P1390558.jpg





19P1390569.jpg

さて裏手に回りまして





20P1390560.jpg

山吹と桜、八重咲き同士の競演!





21P1390561.jpg





22P1390566.jpg

一ノ井川に降り注ぐ山吹の洪水!
こちら側は工事の影響もなく、圧倒されるばかりの光景にただただ見惚れるばかりで…(*^-^*)





23P1390565.jpg

ここは一重と八重の乱れ咲き。
こうして並べてみると一重は淡いレモンイエロー、八重は少し赤みがかって見えますね。



25P1390579.jpg

最後に車祓所前。
この日、最盛期だったのはこの周辺ですね。




26P1390580.jpg

八重咲きばかりでしたので、いっそう強いインパクトがありました (^_^;)

【撮影日:平成29年4月23日】




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<桜回顧(2)京都御苑 | BLOG TOP | 桜回顧(1)出町柳界隈>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback