四季彩綴り

桜回顧(2)京都御苑

00P1360831.jpg

  1. 京都御苑
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
京都の早咲き枝垂れ桜の名所の一つ京都御苑。
例年ですと3月下旬には見頃を迎えるのですが、今年は4月1日時点でもようやく咲き始めとかなり遅れていました。
 
 
01P1360789.jpg

まずは出水のしだれ桜。
まだ五分程度でしたが、咲き始めの濃い目のピンクの花色が愛らしい♪




02P1360774.jpg





03P1360781.jpg

この桜は萼の部分が赤いので、それが目立つ蕾が多いと余計にピンクがかって見えるのですよね。




04P1360791.jpg

近づいてみるとまだちらほらしか咲いていない枝も。





05P1360794.jpg

それでもまあ、このぐらい咲いていると十分にお花見気分は味わえますね (^-^)





06P1360815.jpg

一方、近衛邸跡の糸桜は早咲きから遅咲きまでいろいろあるので、全体としてはまだまだな印象でしたが、一部の早咲き桜が見頃を迎えていました。





07P1360820.jpg

例年一番早く咲き始めるここでは、すっかり桜のトンネルが出来上がっていました。





08P1360832_20170606194244cd1.jpg

逆方向から御所の建物の屋根と共に。





09P1360859.jpg

近衛池にかかる桜もボリュームは少ないですが綺麗な桜色♪





10P1360845.jpg

そして、中央に鎮座する糸桜も出水のしだれ桜と同じぐらいの咲き加減で、フライングの感も否めず… (^_^;)



しかし、それから4日後の4月5日になりますと




11P1370115.jpg

すっかり見頃になっていました (^-^)/





12P1370117.jpg

糸桜という名にふさわしい繊細な花の流れ。





13P1370133.jpg

しかし、鳥の翼のように大きく広がった枝を支える幹には力強さが。




14P1370085.jpg

花色はすっかり白っぽくなりましたが、青空にはむしろこの白さがお似合いですね。





15P1370126.jpg

逆光では朝日を受けて少し赤みを帯びて見えたりも…。





16P1370137.jpg

こちらは近衛池の汀の糸桜。





17P1370081.jpg

池に映り込む姿も麗しい♪





18P1370139.jpg

天を仰げば桜のシャワー!





19P1370121.jpg





20P1370109.jpg

そして、続く中咲きのしだれ桜も咲き始めていました。





21P1370106.jpg





22P1370104.jpg

これも青空が背景だと映えますね♪






23P1370176.jpg

さらにしだれ桜以外の桜も咲き始めていて、こちらはヤマザクラ





24P1370178.jpg

赤い葉のアクセントも美しい。





25P1370174.jpg





26P1370191.jpg

そして、もう一つ印象的だったのが石薬師御門そばにあるこちらの木。





27P1370188.jpg

エドヒガン系の一本桜ですが、これも立派な枝ぶりでした。





28P1370190.jpg





29P1370181.jpg

ということで、今年もまずまずのコンディションで美しい桜風景に出会うことができましたが、ただ、この後に見頃を迎える桜たちについては他の桜名所と見頃が重なるなどして、結果的に見逃してしまったのは大変残念でした (-_-;)


【撮影日:平成29年4月1・5日】





スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<桜回顧(3)平野神社 | BLOG TOP | 山吹咲く松尾大社>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback