四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

霧島躑躅咲く長岡天満宮

00P1400346.jpg

  1. 京都・洛西
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
 
真っ赤なツツジの回廊でお馴染みの長岡天満宮。
今年は開花が少し遅れ、4月も月末近くになってようやく見頃を迎えました。


 
01P1400331.jpg

訪ねたのは4月30日。
お天気もよく青空が広がっていました。




02P1400393.jpg

鳥居から伸びる緋色の参道。





03P1400394.jpg





04P1400328.jpg

種類が豊富なツツジの中でもこちらは「キリシマツツジ」。
その名のとおり九州南部の霧島山中に自生していたヤマツツジが江戸時代に入り品種改良されて、江戸を中心に庭木として人気となったそうです。





05P1400345.jpg

アップで見ると緑の葉っぱが目立つ所もありましたが、





06P1400362.jpg





07P1400363.jpg

引いて見ると花の方が手前に出ていることもあり、あまり目立たなくなりますね。





08P1400361.jpg





09P1400318.jpg

回廊だけでなく八条ヶ池の周囲にもツツジが。
ただ、こちらはまだ植えられてから年数が浅いようで、背丈がとても低く、花の密度も薄いですが。




10P1400321.jpg

池越しに回廊のツツジを。
水面に薄ら映り込む姿も美しい。





11P1400337.jpg

こちらは回廊を挟んで南側。
奥に見える風情ある建物は筍料理で有名な料亭「錦水亭」さんです。




12P1400350.jpg





13P1400352.jpg

錦水亭さんの建物の奥にもキリシマツツジの群生が見え隠れ。
お部屋からの眺めもさぞかし美しいのでしょうね。




14P1400348.jpg

こちら側の散策路には背丈の高いキリシマツツジの垣根も。




15P1400343.jpg

木の足元を見るとちらほら落花が。




16P1400357.jpg

見上げれば椛の新緑も眩しい!





17P1400358.jpg

また、場所によっては八重桜もまだちょこちょこ残っていました。





18P1400382.jpg

ということで、キリシマツツジに見惚れてばかりでは罰が当たりますので本殿にお参りへ (^_^;)
こちらも目の覚めるような新緑の椛のトンネルが!





19P1400383.jpg

なで牛さんの傍らにもキリシマツツジが咲いていました。
なお、本殿の画像は省略ということで。





20P1400384.jpg

黄色の八重ヤマブキ。





21P1400385.jpg

こちらの道の脇から顔をのぞかせているのは





22P1400386.jpg

シャガの花。





23P1400387.jpg

そして、新緑の美しい錦景苑へ。





24P1400389.jpg

気が早いですが、秋の紅葉も楽しみです (^-^)





25P1400379.jpg

ということで、再びキリシマツツジの参道へ。
こちら側からだと朝の内は逆光になるのが難点ですね。




26P1400390.jpg





27P1400374.jpg





28P1400371.jpg

キリシマツツジは見頃の時期が一週間ぐらいしかなく、上手くタイミングが合わない年もままありますが、今年はまあ良い時期に訪ねることができて良かったです (^^)v


【撮影日:平成29年4月30日】




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<桜回顧(4)本満寺 | BLOG TOP | 桜回顧(3)平野神社>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback