四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

桜回顧(6)上賀茂神社

00P1380759.jpg

  1. 京都全般
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
桜のイメージは薄い上賀茂神社ですが、意外にも五本の名木を有する隠れ名所です。


 
01P1370331.jpg

訪ねたのは早咲きの枝垂れ桜が見頃を迎えつつあった4月5日。
京都御苑などと比べると北寄りに位置しますし、時期的にまだ早いと思っていましたが、一の鳥居の向こうに咲き始めの枝垂れ桜が。




02P1370274.jpg

二本の桜が並んでいて、右側の少し背の高い紅しだれがいくらか咲き進んでいました。





03P1370320.jpg





04P1370313.jpg

紅しだれ桜でも一重のものは結構早咲きなんですよね。





05P1370310.jpg

そのお隣の背は低いけれど横に大きく枝を伸ばす「御所桜」。
御所に植えられていたものを孝明天皇より下賜されたことからそう呼ばれているそうです。
この日は右半分が咲き始めで、左半分はまだ蕾というアンバランスな姿で…。




06P1370279.jpg

こちら側から見ると結構咲いているように見えるのですよね (^_^;)




07P1370280.jpg





08P1370282.jpg

花の色味や付き方を見ると、近衛邸跡の糸桜と似ている気もします。




09P1370278.jpg

もう一週後ぐらいが見頃だったかな。





10P1370312.jpg

その御所桜のすぐ隣にある「斎王桜」は八重の紅しだれ桜なのでまだ蕾でした。

「御所桜」と「斎王桜」。
両方咲き揃えば紅白のおめでたい並びになりますが、片や早咲き、片や遅咲きですので、互いが重なり合う時期は非常に限られるのですよね。




11P1370324.jpg

その他では早咲き種の代名詞ともいうべき寒緋桜や




12P1370327.jpg

その寒緋桜の流れを汲む蜂須賀桜。





13P1370330.jpg

これは徳島藩蜂須賀氏ゆかりの桜だそうです。





14P1370297.jpg

そして、二の鳥居の内側でも早咲きの桜が一本。
楼門が屋根の葺き替え工事中で見映えがしませんが、





15P1370293.jpg

反対側から玉橋越しに見ると中々良い感じに♪





17P1370302.jpg

桜メジロさんもやって来ていました (^-^)




ということで、続いては10日後の4月15日分。




18P1380730.jpg

一の鳥居脇ではヤマザクラが満開に!





19P1380731.jpg

そして、鳥居の内側でも曇天をものともせず華やかな光景が…。





20P1380751.jpg

5日に咲き始めだった御所桜はほとんど葉桜に。





21P1380737.jpg

替って蕾ばかりだった斎王桜が見頃を迎えつつありました。





22P1380740.jpg

神に仕えるために遣わされた未婚の皇女を差す「斎王」の名にふさわしい優美な桜です。





23P1380745.jpg

満開まであと1~2日というところだったでしょうか。
そして、その斎王桜の向こうの桜の木の下では





24P1380734.jpg

この日はたくさんの馬が繋がれていました。
5月5日に行われる賀茂競馬(かもくらべうま)の練習が行われていたようです。




25P1380738.jpg

桜の下にたたずむお馬さん♪





26P1380748.jpg

また、御所桜の向こう、外幣殿のさらに向こうにも紅しだれ桜が。





27P1380753.jpg

こちらは「風流桜」という名が付けられています。
斎王桜と同じ八重紅しだれ桜ですね。





28P1380756.jpg





29P1380761.jpg

そして、二の鳥居の内側、細殿前の立砂の向こう側に見える紅しだれが




30P1380794.jpg

「みあれ桜」。
これも八重紅しだれ桜ですね。




31P1380776.jpg





32P1380770.jpg





33P1380778.jpg

その隣にはヤマザクラも咲いていました。





34P1380774-2.jpg





35P1380790.jpg

そして、最後にもう一本、神社の名前をそのまま戴く「賀茂桜」。





36P1380784.jpg

上賀茂神社の桜の中では一番の遅咲き。
この日もまだ五分も行っていなかったと思います。





37P1380796.jpg

ということで、お参りを済ませて広場に出て来ましたが、乗馬の練習はまだ始まっておらず。





38P1380797.jpg

雨も降り出して来たのでこれにてお暇いたしました。





39P1380728.jpg

最後に駐車場側からの広場の眺めを。
手前のソメイヨシノがかなり散っていたのが残念でしたが、御所桜や斎王桜を共に愛でられる中々のポイント。




40P1380729.jpg

来年は御所桜の見頃の時期も逃さないようにしたいと思います (^_^;)

【撮影日:平成29年4月5・15日】




スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<ツツジ咲く梅宮大社 | BLOG TOP | 城北菖蒲園>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback