四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

桜回顧(7)背割堤

00P1370653.jpg

  1. 京都・洛西
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
 
梅雨も明けて夏本番!の時節到来ですが、桜回顧シリーズも続けたいと思います (^_^;)


ここまでは枝垂れ桜ばかりでしたが、ようやくソメイヨシノが登場!

宇治川と木津川が合流して淀川となる地点に位置する背割堤にはおよそ1.4kmに及ぶ桜並木があります。

 
01P1370627.jpg

北寄りの宇治川に架かる淀川御幸橋の上から。





02P1370630.jpg

小雨混じりのあいにくの天候でしたが、雨に煙る桜風景も幻想的で美しい♪




03P1370637.jpg

望遠レンズでのズームアップ。




04P1370641.jpg

欲を言えばもう少し明るければ…(-_-;)





05P1370645.jpg

こちらは南寄りの木津川べり。
前夜からの雨で散りが目立つ木も…。




06P1370646.jpg





07P1370783.jpg

手前の濃いピンクは桃の花。
当然のことながら散り絨毯も色が濃い!




08P1370779.jpg





09P1370781.jpg

まだそこそこ花も残っていましたが、伸びて来た新芽の方が目立ちますね。





10P1370650.jpg

桃の濃いピンク、ソメイヨシノの白、そして、草の緑の色合わせが楽しい♪




11P1370777.jpg





12P1370656.jpg

桃のピンクを背景にソメイヨシノを。




13P1370657.jpg

桜の向こうには雲のかかった男山が。





14P1370718.jpg

さて、そろそろ桜並木を進んで行きます。
およそ1.4kmの堤に約250本のソメイヨシノが植えられているとか。




15P1370727.jpg





16P1370703.jpg

所々、上り下りできる階段があり、斜めに桜を眺めることも。




17P1370711.jpg

堤に這うように伸ばした枝が形作る低い桜のトンネル。
これと同じくらい地下にも根を伸ばしているのでしょうね。




18P1370679.jpg

桜並木の向こうに見えるタワーは今春できた「さくらであい館」の展望塔。
長大な背割堤の桜を一望の下にできますが(桜シーズンは有料)、このお天気でしたのでこの日は登りませんでした (^_^;)





19P1370674.jpg

それにしても桁違いのスケール!
ここはやはり青空が欲しかったですね。




20P1370689.jpg





21P1370691.jpg

花は大よそ見頃だったのですけどね。




22P1370692.jpg

花散らしの雨が恨めしい…。





23P1370728.jpg





24P1370736.jpg

まだ途中なのですが、また雨脚が強くなって来たので、そろそろ折り返すことに。





25P1370765.jpg

帰りは木津川べりの遊歩道から。





26P1370772.jpg

こちら側の方が雨の影響をよく受けていたようで、散りの目立つ木が多かったですね。




27P1370789.jpg

それでもこのボリュームですから十分に見頃と言えますが。





28P1370762.jpg

水溜りに映り込む桜。
これもお天気が良ければもっとくっきり映ったのでしょうが。




29P1370764.jpg

桜を眺めながら小休憩に打ってつけのベンチですが、さすがに雨降りの中では無人で…。


これまで画像はよく拝見していたのですが、現地へ赴いたのは今年が初めて。
悪天候が何とも残念でしたので、来年は是非とも青空の下でお花見を楽しみたいものです (^-^)


【撮影日:平成29年4月8日】




スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<岡田の谷の半夏生園 | BLOG TOP | 廬山寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback