四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

紫陽花咲く長谷寺

00P1450530.jpg

  1. 桜井初瀬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
桜の後は何と言っても牡丹!…と行きたいところなのですが、今年は九州旅行へ出掛けていてタイミングを逃し、その次の訪問が今回ご紹介する7月1日のこととなりました。

長谷寺で紫陽花と言えば鎌倉が有名ですが、奈良の長谷寺も花の御寺と呼ばれるだけあって、牡丹や桜と共に紫陽花も見どころの一つになっています。

 
 
01P1450325.jpg

今回も車でしたのでまずは駐車場からのアプローチ。
山間の立地のため、市街地よりは少し遅れて見頃となります。




02P1450331.jpg

桜の時には割愛しました仁王門正面からの画像。
紫陽花はあまり知られていないのか、休日のそんなに朝早い時間帯でもありませんでしたがガラガラでした。




03P1450334.jpg

仁王門をくぐり登廊へ。
完全な貸切というわけでもないのですが、牡丹の時期にはまず見られない光景でしょうね。





04P1450336.jpg

手前に八重紅しだれ桜が咲き始めていた参道もすっかり深緑の世界に。
石段半ば辺りにほんのり赤みがさして見えるのは





05P1450337.jpg

咲き始めの夾竹桃。
まだほんの数輪が開花していただけでしたが、蕾の赤も中々強烈!





06P1450341.jpg

牡丹園の広がる登廊沿いも奥まった所に紫陽花が咲いているのですが、陰になって目立たない。





07P1450344.jpg

ズームで見ればこんな感じ。
登廊の石垣との取り合わせは良い感じ♪





08P1450347.jpg

石灯籠の前にも青紫の紫陽花が。





09P1450375.jpg

さて、いつもですとここで右に折れて登廊をそのまま行くのですが、紫陽花の時季だけはこちらから上りたいですね。





10P1450353.jpg

長谷寺の紫陽花はこの周辺に多く植わっています。






11P1450355.jpg

紫陽花越しに登廊の屋根を。
今年は少し花が小さ目か…。





12P1450369.jpg

石段沿いを彩る紫陽花の波。




13P1450370.jpg

像が後ろ向きですが、ここの紫陽花の色が好み♪





14P1450374.jpg

少し上がって振り返り。
こちら向きの方が紫陽花が詰まって見えるような…。




15P1450383.jpg

さらに登って行きます。
見た目は涼やかですが、実際は結構蒸し暑かった…(^_^;)





16P1450387.jpg

石段を登り切ると開山堂前へ。
この御堂の周りにも紫陽花が多く植わっています。




17P1450393.jpg

紫陽花に彩られた石仏。




18P1450394.jpg

御堂の裏手の山肌にもちょっとした群生が。





18P1450472.jpg




19P1450390.jpg

そして、本堂へ伸びる石段の脇にも。





19P1450400.jpg

ここは下から見上げる方が綺麗だったかな?




20P1450407.jpg

ということで、いつもと違うルートで本堂に到着。
鮮やかな緑に包まれた五重塔が素晴らしい!





21P1450404.jpg

舞台からの眺めも葉が生い茂り、桜の頃とは随分雰囲気が変わりました。




22P1450405.jpg

床緑も麗しい♪





24P1450410.jpg

さて、緑から再び紫陽花へ。




25P1450417.jpg

御供所の入口辺りにも紫陽花がいっぱい!





26P1450419.jpg

逆方向から本堂と紫陽花を共に。





27P1450422.jpg

下を見下ろせば、開山堂の裏手の紫陽花の群落が木立の間に見え隠れ。





28P1450424.jpg

このグラデーションが良いな♪





29P1450425.jpg

背後は御影堂。





30P1450438.jpg

一切経蔵に本長谷寺、五重塔。





31P1450456.jpg

五重塔には青もみじを。





32P1450448.jpg

納骨堂前にも紫陽花がいっぱい!





33P1450451.jpg

ここは石垣の縁にこのように植えられていました。





34P1450462.jpg

五重塔下の石段の両脇にもやはり紫陽花があり、右側の青はガクアジサイ。




35P1450480.jpg

青もみじに遮られていますが、五重塔と紫陽花。




36P1450481.jpg

この青色も素敵!





37P1450464.jpg

本願院の朱の門と紫陽花。




38P1450488.jpg

ずっと下って来て、登廊から直接奥の院や本坊へ向かう石段を登り切った所で咲いていたガクアジサイ。長谷寺の紫陽花は玉咲きが多くて、こういうタイプは少ないような。





39P1450490.jpg

ということで、本坊前庭より紫陽花越しに本堂を。
ここは牡丹がメインで紫陽花はあまり植わっていないのですが、ちょうど良いポジションにありました (^-^)





40P1450498.jpg

桜に浮かぶ本堂も素晴らしかったですが、清々しさという点では緑の方が合っているかも…。





41P1450503.jpg

本坊からの帰路にも紫陽花があって、竹林との取り合わせも美しい!




42P1450509.jpg

ここの紫陽花は花が大きい!





43P1450510.jpg

ここまでは葉っぱの緑の中に花が咲いているというふうでしたが、ここは花と花の隙間から葉がのぞいている感じですね。




44P1450522.jpg

カタツムリを見っけ!
今年は中々出会えず、これが最初で最後だったかと…。




45P1450526.jpg

西参道の出口辺りで仁王門をバックに紫陽花を。





46P1450528.jpg

池には蓮の葉がそこそこ茂っていましたが、花はまだ咲いていませんでした。
真夏にこちらへ寄せていただいたことはありませんが、蓮の花時はどんな感じかしら?





47P1450524.jpg

ということで、年々進化しているように思われる長谷寺の紫陽花。
来年は願わくばもう少し大きな花が見られるよう、気候が安定して欲しいものです (-人-)


【撮影日:平成29年7月1日】




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<桜回顧(10)大原野 | BLOG TOP | なにわ淀川花火大会>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback