四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

夏旅(1)白馬安曇野

00P1470914.jpg

  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年もお盆休みは信州方面へ。
暑い夏には涼しい山や高原に惹かれるのですよね (^_^;)



01P1470763.jpg

しかし、今回は天気予報が芳しくなく、わりあい晴天率の高い木曽駒ヶ岳の辺りでもこの雲の降り具合。上空に青空も見えていましたが、標高2500m超の千畳敷カールでもライブカメラで見る限り雲の中でした。




02P1470764.jpg

時折、綺麗な青空が現れるものの、至る所に分厚い雲が浮かんでいて、先行きが不安になるばかりの道中を経てお昼前に安曇野に到着。





03P1470775.jpg

と、ここで唐突ですが蓮畑 (^_^;)
こちらは安曇野IC近くの豊科高家地区。
休耕田に植えられた蓮が美しく咲き誇っていたのを運転手が高速道路上から偶然見つけて立ち寄ってくれました(助手席からは見えないので気づかず)。




04P1470769.jpg

ピンクの美しい花色♪
午前中にたどり着けたおかげで、見頃の花をたくさん見ることができました。




05P1470772.jpg

上空にはまだ青空もあり、ちょうど日も差して良い感じに♪

とまあ、幸先よく美しい風景に出会うことができましたが、





06P1470784.jpg

目指す白馬方面は前途多難!
ますます雲が増殖…(>_<)





07P1470792.jpg

青空の領域もだんだん少なくなって来ていて、これは望み薄…。




08P1470847.jpg

ということで、たとえ山が見えなくても花が楽しめる…ということでやって来たのは白馬岩岳ゆり園。
山頂エリアのゆりも見頃ということで、ゴンドラに乗り込みましたが…、





09P1470941.jpg

山頂はおろか、そのだいぶん手前から雲の中へ突入!





10P1470938.jpg

真っ白でほとんど何も見えない…(>_<)





11P1470857.jpg

ということで、山頂に到着すると、かろうじて手前のゆりの花は見えていましたが、その先の山の風景は全く…(~_~;)





12P1470860.jpg

風で靄が濃くなったり薄くなったりするものの、まあ、だいたいがこんな感じです。




13P1470883.jpg

それでもまあ、正直、花の状態はあまり良くなくて、変色も目立っていたので、このくらいフィルターがかかっている方が粗が目立たなくて良かったとも。





14P1470878.jpg





15P1470877.jpg





16P1470880.jpg

この黄色の花は綺麗でしたが。





17P1470862.jpg





18P1470870.jpg





19P1470888.jpg

また、ゆりと共にクレオメも所々で咲いていました。





20P1470890.jpg

さて、続いてはブナ林散歩道へ。





21P1470892.jpg

こちらは木蔭なので開花が遅く、また、強い雨も木々が遮ってくれるおかげか、どの花も傷みが少なく綺麗でした。





22P1470921.jpg





23P1470901.jpg

ただ、花数が少なく見応えの点ではちょっと淋しさも否めませんが、靄に霞む木立の雰囲気がちょっと幻想的で良かったです。





24P1470902.jpg





25P1470896.jpg

他に藤袴に似たヨツバヒヨドリも咲いていて、これが咲いているならあの蝶がいないかな?とちらと考えていたら、




26P1470905.jpg

いました、いました! アサギマダラ!





27P1470908.jpg

「旅する蝶」として知られ、京都では9月末から10月半ば頃に見られますが、真夏の暑い時期にはこのような涼しい高山で過ごしているのですね。





28P1470914-2.jpg

この日見かけたのはこの一頭だけでしたが、これに出会えただけでも、ここまで昇って来た甲斐がありました (^-^)v





29P1470927.jpg

岩茸山山頂 1289.82m
白馬村内で唯一の独立峰なのだそうです。





30P1470932.jpg

せめて視界がもう少し開けてくれることを期待しましたが、結局好転することはなく下山。





31P1470947.jpg

ついでに下界の花もちょこっと。




32P1470965.jpg





33P1470967.jpg

紫陽花も盛りは過ぎているものの、まだ鮮やかな色を留めていました。
やはり涼しい高原ならではでしょうね。




34P1470975.jpg

そして、明けて翌朝もまた曇天 (-_-;)




35P1470973.jpg

白馬ジャンプ台のそばに係留体験用の熱気球が。

もし、山上からでも白馬三山が見えるようなら昇ってみるつもりでしたが、ライブカメラの画像は無情にも雲の中。予報を見る限り回復も難しいと判断して、また次の機会に期待しつつ早々に白馬を後にしました。

【撮影日:平成29年8月12~13日】




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<夏旅(2)上高地 | BLOG TOP | ひまわりの丘公園>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。