四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

紅葉絶景~乗鞍

00P1000525.jpg

  1. その他
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろあって今年は無理と思っていたのですが、こんな時だからこそと思い切って行って来ました。
例によって車中泊のみの弾丸ツアーでしたが、幸いお天気にも恵まれ、素晴らしい光景の数々に心が洗われるようでした (^-^)/



 
01P1000384.jpg

9月29日夕方に大阪を発ち、中央道のサービスエリアで仮眠をとった後、30日の午前6時過ぎに乗鞍高原に。雲は多めでしたが、乗鞍岳の山頂はくっきりと見えていました。



02P1000387.jpg

バスの乗り場である観光センター駐車場より。




03P1000390.jpg

日が当たっていないので、イマイチ色が冴えませんが、一応紅葉はしているよう。
山頂へのシャトルバスは9月30までは始発便が6:10発でしたが、天気予報が朝早い時間帯は曇りでその後は回復傾向とのことでしたので、余裕を持って次の7:00の便に乗車。



04P1000392.jpg

およそ1時間バスに揺られて、今年から県境ゲート付近に新設されたその名も「標高2716m」バス停で下車。そこから少し歩いただけですぐにこの絶景ポイントに。



05P1000407.jpg

紅葉の錦の向こうに小さく位ヶ原山荘が。




06P1000419.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

曇天で光が弱いのが非常に残念!




07P1000418.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ダケカンバ(岳樺)の白い樹皮が何とも印象的。




08P1000425.jpg

遠くの山並みには雲海も。




09P1000432.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、何と!驚いたことにあれよあれよという間に青空が広がって来ました!




10P1000442.jpg

穂高連峰に槍ヶ岳もバッチリ見えています!




11P1000444.jpg





12P1000454.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

パノラマ画像もアップ。
これは是非拡大表示でご覧ください。




13P1000438.jpg

それにしても、こんなに急に青空が現れるとは!
山の天気は本当に変わり易い…。




14P1000447.jpg

それでもお日様に雲がかかるとまた違った雰囲気に。




15P1000458.jpg

日が照る時




16P1000455.jpg

日が陰る時




17P1000459.jpg

とりわけ最高峰の剣ヶ峰(3026m)方向は依然として雲り空で。




18P1000461.jpg

真夏を越えてなお消え残った大雪渓ではスキーに興じる方々も。




19P1000468.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

つづら折りの乗鞍エコーラインと紅葉。




20P1000467.jpg

今年も真紅は少な目の模様。




21P1000471.jpg

ここに少しだけ色鮮やかな紅葉が見られましたが、




22P1000470.jpg

これも少し色付きが浅いよう。




23P1000477.jpg

それでもお日様と青空のアシストがあれば輝きを増すもので…(^-^)




24P1000481.jpg

手前のナナカマドは葉は茶色ですが実が赤い!




25P1000482.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

早くから色づいていたものは散ってしまっていて、淋しくなっているところも。



26P1000499.jpg

ところで、乗鞍ではこの前日に初氷が観測され、この日の朝の山頂の気温も1度と冷え込み、ところどころでこのような氷柱も見られました。




27P1000503.jpg

晴天下の画像では伝わらないでしょうが、非常に寒かったです!
それでもこれだけの景色が見られれば寒さも吹き飛ぶ?(^_^;)



28P1000505.jpg

ようやく色鮮やかなナナカマドの紅葉が!




29P1000524.jpg





30P1000516.jpg

標高が下がるにつれ背の高い樹木も現れ、色彩のバリエーションも増えて来ます。



31P1000518.jpg





32P1000529.jpg

青空に流れる雲がまた素敵!




33P1000543.jpg

しかし、反対方向は一転してこの曇天なのですから、わからないものです。



34P1000538.jpg

うねる緑の波間に浮かぶかのように紅葉や黄葉が。



35P1000539.jpg

この画像は奥の山波を入れるために意図的に露出を下げています。



36P1000548.jpg

それにしても穂高・槍方向は雲一つない快晴!
通常ですと日が昇るにつれ雲が湧いてくるものですが、この日はほとんど一日中晴れていたようです。




37P1000557.jpg





38P1000555.jpg

剣ヶ峰と紅葉。



39P1000558.jpg





40P1000563.jpg

格好のポジションにナナカマドの紅葉が。



41P1000568.jpg





42P1000573.jpg

そして、位ヶ原の絶景ポイントへ♪



43P1000574.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

やはり赤があまり目立たないように思いますが、その理由の一つとして、ナナカマドなど紅葉の美しい木は元々背丈が低く、年々伸びて行く常緑や黄葉の木の陰に隠れてしまっているのもあるのではないかと。日が当たりづらいので、紅葉の色づきも浅く遅い…という悪循環に陥っている可能性も。



44P1000581.jpg

実際、エコーラインの道路沿いにはそこそこ色づきの良い木が多いのですよ。



45P1000586.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

それはさておき、この絶景!
今年もこれを見ることができて本当に良かった!\(^o^)/
お天気の神様にも大感謝です。




46P1000604.jpg





47P1000629.jpg

およそ3時間弱で位ヶ原山荘に到着。
下りオンリーなので息が上がることはないのですが、ほとんど歩き通しだったので最後は膝がガクガクでした(^_^;)

ここからはバスで下山したのですが、紅葉の盛りの休日ということもありバス待ちの行列が今までない混み具合で、私達は幸い無事に乗り込めたのですが、10人余りが積み残しとなっていました。



48P1000634.jpg

で、観光センターに戻ってみると何と山頂は雲一つない青空!
これならもう一便遅らせて8:00発のバスで上がれば良かったか…とも思いましたが、そうなると帰り便がさらに大変なことになっていそうなので、まあ、これで良かったかな…と。

紅葉も槍・穂高もバッチリ見えて、大いに堪能した乗鞍行きでした (^^)/

【撮影日:平成29年9月30日】




スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真


| BLOG TOP | 夏旅(3)モネの池>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。